眼精疲労


眼精疲労は、ものをよく見ようと努力する時に生じ、体に悪影響を及ぼすものをいいます。

症状としては眼の痛みや充血、肩こり、視力低下、ものが2重にみえるなどがあり、全身の症状としては

頭痛、肩こりや倦怠感、めまい、吐気などがみられます。

眼精疲労には様々な種類があります。

 

眼精疲労の種類

調節性眼精疲労:屈折異常などで起こります。眼鏡の度数が合っていないことが原因のことがあり、作業距離に対して

ピントのあった眼鏡の使用が必要です。

筋性眼精疲労:斜視(斜位)などが原因で起こります。プリズムレンズなどの装用が必要になることもあります。

症候性眼精疲労:ドライアイなどの結膜炎や角膜炎などでもおこります。

VDT症候群などの眼を酷使する人やコンタクトレンズを使用することでなりやすいです。

不等像性眼精疲労:左右の視力差が大きいものを無理に眼鏡で矯正するために起こる眼精疲労です。

神経性眼精疲労:神経症や心身症でみられる眼精疲労です。

 

眼精疲労は、正しい眼鏡を装用することで改善することもあるため、ご自身の眼鏡の度数があっているかを

確認することも大切です。特に老眼が進む4060歳では度数が変化していくことがあるため、眼精疲労の症状があるかたは

正しい眼鏡やコンタクトレンズの処方を受けることをお勧めします。

また、眼精疲労は緑内障の初期症状としてみられることがあります。眼が疲れる、肩こり頭痛、ぼやけて見えるなどがあれば

眼科を受診され原因疾患の治療をうけられてください。

 

針灸治療について

上記のように眼精疲労には様々な原因があります。

眼鏡やプリズムレンズで改善しない眼精疲労が針灸治療の適応となります。

 

治 療 部 位

全身の状態をみながら治療を行っていきます。肩こり、頭痛などがある方はそちらの治療も行います。

 

治 療 回 数

眼精疲労や頭痛などは1度の針灸治療後で大きく改善することが多いです。

しかし、OA作業を長時間行う方は眼を酷使しているために何度も治療を受けることになってしまいます。

眼精疲労を起こさないためにも、睡眠をしっかり取る、ドライアイにならないために空調の風を眼に当てない、こまめに休憩をとることや

遮光眼鏡の装用など日常生活にも気をつけられてください。

 

トップページに戻る