緑内障

もくじ


病気の概要
緑内障は自覚しにくい病気です
視神経の異常が起こるメカニズム
緑内障の危険因子
緑内障の種類
閉塞隅角緑内障
正常眼圧緑内障
続発緑内障など
緑内障の注意点
鍼灸の適応である緑内障
緑内障の鍼治療の効果について
あやめ堂鍼灸院の鍼灸治療

 

病気の概要

 緑内障は、緑内障性視神経症とよばれる視神経の特徴的な構造的・視機能異常をきたす疾患として定義されています。

歴史的には眼圧上昇を最大の特徴とする疾患としてとらえられてきましたが、現在では眼圧上昇は緑内障を発症・進行させる要因にすぎないと考えられています。

緑内障は自覚しにくい病気です=進行しないと視野の異常は気づかない

緑内障の症状の一つとして視野異常(見える範囲が欠けて狭くなっていくなど)があります。

しかし、一部の緑内障を除いて痛みや充血などの症状が無いまま進行してゆき、視力の低下も、病気の最終段階までは現れません。

視野に見えない部分がでてきても、二つの目で見ているため片方の欠損はもう片方の目でカバーされるため、気が付かないこともあります。

緑内障は進行していく病気のため、自覚症状がなくても治療を行う必要があります。



 視神経の異常が起こるメカニズム

網膜にはりめぐらされている視神経が集まり、一本の束となり眼球内から脳へ向かう部分を視神経乳頭といいます。

緑内障はこの視神経乳頭が圧迫されることでダメージを受け、正常に機能する視神経が減少して起こる病気です。

視神経へのダメージが広がることで、見える範囲が狭くなっていきます。


緑内障の危険因子

眼圧、緑内障の家族歴(遺伝子)、加齢、近視、角膜が薄いこと、循環器疾患、糖尿病など。

 
緑内障の種類

開放隅角緑内障:

房水の流出口である隅角は広いが、排出部分の線維柱帯がつまり流れにくくなっていることで眼圧が上がります。

高齢になるほど多く、近視の人に多いです。

 

閉塞隅角緑内障

隅角が狭いことで房水の流出抵抗が高くなって眼圧が上がります。

女性に多く、遠視の人がなりやすいです。

 
正常眼圧緑内障

日本人の緑内障患者の7割近くを占めています。

眼圧は正常ですが、視神経乳頭の陥凹が進みます。

 
続発緑内障など

元の病気があり、それにより緑内障が起こります。

ステロイド薬の長期使用、糖尿病網膜症

また、先天的な原因で緑内障となることもあります。

  

緑内障の注意点

針灸単独の治療ではなく、眼圧を下げる点眼薬等との併用が原則です。
かかりつけの眼科医の指示に従い正しく点眼を行ってください。
眼圧が高い症例では視野障害の進行抑制には眼圧を低く保つことが重要です。

平均眼圧の低い正常眼圧緑内障などでは、眼圧の日々の変動が小さいほうが視野障害の進行が少ないことが報告されおり、眼圧が正常範囲内であっても日内変動が6Hg

上ある緑内障の方は注意が必要です。

 
針灸の適応である緑内障

日本人に最も多い正常眼圧緑内障、原発開放隅核緑内障、アトピーなどによる続発性緑内障が対象となります。
針灸の適応外の緑内障

急激に眼圧が上がり最悪の場合は失明に至る急性の閉塞隅角緑内障(アタック)は針灸の適応ではありません。速やかに眼科を受診されてください。

(頭痛、眼痛、霧視、悪心、嘔吐などの症状がある場合は急性緑内障発作を起している可能性があります。)

 
緑内障の針治療の効果について

点眼治療に鍼灸治療を併用することにより、眼周囲の循環改善、眼痛や頭痛といった緑内障に関わる症状の改善、眼圧降下の作用を強めることなどで視機能の維持を目標にしていきます。

針治療を加えることで眼底の血流量が増加するなどして、機能不全部分を回復させる可能性があり、その結果が個人差はあるものの、一定度までの視野改善につながっているものと

考えられます。

 

視機能は長期の循環不全で完全に傷害されてしまった部位の回復は困難ですが、まだ回復の余地のある部位や生涯を受けていない部位の回復や機能維持に有効であると考えて

います。

初期~中期では良好な結果が得られ易く、後期~末期では十分な効果が得られ難くなる傾向があるため、早い段階で治療を開始することをお勧めしています。

あやめ堂鍼灸院の鍼灸治療

治療の流れ

視力検査、鈴木式アイチェックチャートのblue on yellowを使用して見え方の検査をおこないます。

ハンフリーなどの視野検査の結果をお持ちの方は、それを見ながらどのくらいの視野があるかを確認します。

眼科の検査結果をお持ちの方はご持参ください。

 
治療部位

全身の状態をみながら、後頚部、背部、下腿、目の周囲の経穴に対して針をします。

治療回数

緑内障では、症状の重さや障害の程度によって、治療回数や間隔は変わります。

・初診~3ヶ月間:週2回(治療開始から約3ヶ月まで集中的に治療を行い、回復を狙います。)

3ヶ月以降~:週1回(状態の維持を目的として行います。)

・その後、状態をみながら機能維持を行えると判断できれば、隔週~月1度などへと間隔をあけていきます。

(治療回数は、アイチェックチャートで状態をみながら決定していきます。)

日常生活での注意点

コーヒーなどのカフェインの摂取、多量の飲酒や水分の摂取、喫煙は眼圧を上昇させることがあるので控えましょう。
ステロイド剤の長期使用や眼を圧迫するようなマッサージなども注意が必要です。

網膜を保護するために遮光レンズの使用をお勧めしています。ご相談ください。

トップに戻る