網膜色素変性症の概要

 網膜色素変性症とは、ものを見るために大切な網膜の視細胞が早く老化してしまうことによって起こる病気です。

夜盲や見える範囲が周辺から少しずつ狭くなっていく「視野狭窄」などの症状がみられます。

自覚症状としては、映画館などの暗い場所でものが見えない、足元が見えみくいためにつまずきやすい、

人ごみでよく人にぶつかるなどで気がつかれることがあります。

病気の進行としては緩やかであり、年単位で少しずつ進んでいきます。

 一般に網膜色素変性(RP)は、多くが20歳代までに夜盲、求心性視野狭窄等が発症し、視力低下も徐々に進行します。

眼科では遺伝が関与する網膜変性のため効果的な治療方法はなく、経過観察とされるケースが多いです。

また、白内障、緑内障、黄斑浮腫などを併発しやすいことが知られています。

網膜色素変性は網膜動脈が細くなることによる網膜の栄養不足から、徐々に周辺に多くある桿体細胞末期に中心にある

錐体細胞の順で障害されることにより視機能が失われていきます。

文目堂針灸院の治療

針灸治療では、可能な限り早くに治療を行い血流の改善することにより、進行を遅らせ視機能を維持すること目的としていきます。

発症からの期間が短い、視野狭窄がまだ進行していない網膜色素変性では特に有効な治療法です。

【針灸治療のための進行程度の分類:千秋針灸院(網膜色素変性症より)

大部分の変性が完了した部分(変性完了部位) 完全な変性で回復の可能性は無い部分です。
変性が現在進行している部分(機能不全部位) 針治療により回復する可能性がある部位。
変性を起こしていない部分(健全部位) 健全になることで、視力・視野の改善に役立つ部位。
の3点が進行の程度により存在していると考えられます。
針治療により血流を改善し、眼底の血流にも影響を及ぼすことで、視神経や網膜の視細胞を活性化させ、機能不全部位と健全部位を良い状態に

保つことで長期間の視機能の維持を行うことを目標とします。

 日常生活の注意点

日光などの紫外線は網膜をいためてしまうため、長時間の野外での活動には注意が必要です。

太陽光に含まれる青色光を避けるためにも網膜を守るブルーカット機能のついた遮光レンズの使用をお勧めします。ご相談ください。

また、網膜色素変性は体力消耗によっても症状が進みやすいため、激しい運動や極端なダイエットなども避けるようにされてください。

網膜色素変性症の方は、無理が続くと症状が急激に進むことがあるため、

ストレスを溜めない ことや十分に栄養・睡眠をとることなど日常生活のバランスが大切になります。

文目堂針灸院の治療

視力検査、簡易式視野検査により症状の程度を確認していきます。

眼科の検査結果(Goldmann視野検査、OCTなど)をお持ちの方はご持参ください。

矯正視力の状態をみせていただきたいため、来院時はメガネまたはコンタクトレンズをお持ちください。

治療部位

問診や触診などを行った後に後頚部、背部、下腿、目周囲の経穴に針をします。

治療回数

初診~3ヶ月間:週2回(治療開始から約3ヶ月まで集中的に治療を行い視力や変視の改善を狙います。)

治療開始から12ヶ月間:週1回(活動期の不安定な状態をフォローしながら引き続き最大限の回復を狙いこのペースで行います。)

12ヶ月以降~:視力の維持や再発の防止を目的として2週間に1度~1月に1度へと様子を見ながら間隔をあけていきます。


トップページに戻る